CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
〜 大気汚染は地球の日傘
<< 「メッセージファンハンディ扇風機」 | main | 「性能の差が戦力の決定的な差ではない」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
いまさらDVD-Audio
レジェンドのバカーナビで遊んでいた時,
カーオーディオを使っていないことに気づく。
メーカーは,BOSEのシステム。古い話だけど,
レジェンド内覧会のときに,試聴したっけ。
全然ダメだったけど(笑)。


ところで,BOSEって一般市民(?)の間では,
高級オーディオメーカーだと勘違いされてるみたい。
私もオーディオには凝っている,とか会社で言うと,
「BOSEを使っているんですか?」
なんてたまに聞かれて困ってしまうことがある。


特に私の場合,懲り方がちょっと違うので(笑),
中身については一切説明しないことにしている。
だって,スピーカーは車1台が買える値段,
なんて言っても,意味通じないでしょ(苦笑)。


ピュアオーディオ派は,BOSEをあんまり使わないはず。
AVシステムならサラウンドで使ったりするだろうけど,
オーマニはBOSEなど眼中にないはずだ。


世間で誤解されるっていうのは,
エントリー向けで高値圏のシステムがあるから?
それとも,デザインがいいからなのだろうか。
私なんかは,BOSEは業務用のイメージしかないんだけど。
ま,私はエレボイ派だけどね。


で,内覧会のときにさぁ,営業マンが自信たっぷりに,
「ぜひ,BOSEの音を聞いてください!」
なんて張り切っているもんだから,
「BOSEなんかじゃ,オーマニの心をくすぐれんぞ」
と内心思っていたわ。


気分を害すと悪いと思って言わなかったけど,
レクサスみたいにマークレビンソンを使えよ。
と言いたかったわ。レビンソンなら名前だけで,
オーマニは音を聴かなくても満足するでしょ(あは)。
逆に,一般市民は,マークレビンソンを知らない。
オーマニって世間から隔絶されているのかな(苦笑)。


運転しながら音楽聴く習慣がないため,
カーオーディのシステムなんてどうでもいいんだけど,
取説を読んでいたとき,DVD-Audio(DVD-A)に対応,
っていう文言をチラッと目にした。


レジェンドのシステムは5.1chサラウンド対応なので,
DVD-Video(DVD-V)に対応するのは分かっていたが,
DVD-Aも再生できると知って,ちょっと関心が沸いた。


恥ずかしい話,私はまだDVD-Aを再生できる環境にない。
いや,正確に言えば,所有する機器の中では,
松下のポータブルDVD「DVD-LX97-S」が,
唯一DVD-Aを再生できるのだが,
「できる」と「楽しむ」とは別の次元の話。


さすがにポータブルDVDでは評価の対象にはならない。
BOSEのDVD-Aなら,ちょっとは期待できそう。。
というわけで,今日になってDVD-Aの実験。
近くの空き地へレジェンドを移動して,試聴。
ガレージ内だと近所迷惑だし,路上は違法だからね。


コンテンツはまず,Every Little Thingのベスト。
このソフトは,3年前に買っていたもの。
再生環境がない頃に,なぜ買っていたかといえば,
DVD-AudioとDVD-Videoのハイブリッド盤だから。


これはチョウさんが教えてくれた情報だった。
あの頃,実はチョウさんもトラポは,
私と同じようにDVD-Aには非対応であったのだが,
DVD-Vフォーマット側のリニアPCM収録盤に着目して,
対応ソフトを集めていたのだった。


数は少ないんだけどね。DVD-Aのソフト自体少ないし,
ハイブリッドであっても,DVD-V側は,
AC-3かDTSで収録されているのがほとんどだから。


その中でごく1部にPCMで収録しているものがある。
ELTはその1つなんだけど,さらに嬉しいことに,
24bit,96kHzサンプリングなわけ。DVD-Vの場合,
リニアPCMだと16bit,48kHzサンプリングが普通。
なのに上位フォーマットを採用してくれている。


で,トラポのDV-S9も,D/AコンバータのDA-1も,
奇跡的に96kHzのデジタル入出力に対応していて,
再生することが可能だった。


実際に聴いてみて,驚いたね。CDとは全く別物なわけ。
これは2年前,ベルテックさんが拙宅に来訪したとき,
聴かせたのだが,ベルテックさんも驚いていた。
「J-POPでも聴けるじゃん」って。


ELTのCDといえば,嫌な思い出があって(苦笑),
今から8年ぐらい前かなあ,会社の同僚の結婚式があり,
余興でフルートを吹く人がいたんだけど,
その人からシンセで伴奏を頼まれたのね。


演奏する曲がELTの「Time goes by」だったんだけど,
譜面を起こすために何度もCDを聴きこんでいた。
そしたら,すっげえ録音の悪いCDだなと思って,
フラストレーションがたまった記憶がある。


ELTはエレキギターを除けば,ほぼシンセだけど,
シンセだけで積みあがる音って分離しにくいのね。
音が機械的な周波数・倍音で出来ているから。


だから,ラジカセレベルだとまず分離しにくく,
「だんご状態」になってしまう。
ま,腕のよいエンジニアやミキサーだと,
シンセだけでも分離するレコーディングは可能だが,
日本にはあんまりいないからさ(苦笑)。


J-POPと呼ばれるジャンルの音楽は,
みんな似たような音の作りになっているのだが,
フォーマットを変えてやれば,
聴けるものになると分かったことは収穫だった。




今回は,ELTのベストをDVD-A側で聴いてみる。
なお,BOSEのカーオーディオが,
どっちフォーマットを選択しているか確認するには,
カーナビ画面の上にあるディスプレイで表示される。


写真のディスプレイ左側を見てもらいたいが,
ちゃんと「DVD-A」と表示されている。
ちなみにカーナビ画面に表示されているのは,
Donald FagenのDVD-Audioソフトね。


音を聴いてみたのだが,全然ダメ(苦笑)。
自宅のシステムとは比べものにならない。
ま,フル・ベルテックと比較するのは酷だけど,
これじゃ,DVD-Audioの意味がないじゃん。


ELTのソフトの場合,DVD-AもDVD-Vも,
同じ96kHz/24bitなので,音質に差がなく,
システムの性能差がそのままでてきたようだ。


BOSEのシステムは,響きの付け方などは上手いが,
基本的な音の情報量が少ないため,厚みがない。
これじゃ,ミニコンポレベルだぞ(笑)。


ま,こういう結果になることは分かっていたけど,
少なくともCDよりかは音は良いようだ(笑)。
CDとは聴き比べていないけど,明らかでしょう。


こういう結末を予期していて,
もう1枚ソフトを用意しておいた。
それがDonald Fagenの「The Nightfly」。
ケースを見れば分かるとおり,輸入版ね。


1982年発売という古いアルバムなんだけど,
中学生のときから聴いていた愛聴盤。
当時は,勿論レコードだったけど。


「The Nightfly」もDVD-Vとのハイブリッド盤。
しかし,リニアPCMは用意されていない。
だから今までは聴く機会がなかったんだけど,
DVD-A側も48kHzサンプリングなんだよねえ。


アップサンプリングしてくれよ,
って思うところだけど,これには事情がある。
DVD-A側には2つのフォーマットがあって,
1つがステレオで,もう1つがマルチチャンネル。
で,両方とも48kHz/24bitリニアPCM。


私もPCMのサラウンドはちゃんと聴いたことがなく,
どのように聴えるか興味があったところ。
まず,超有名な1曲目「IGY」を聴いてみる。


イントロのアルペジオまでは普通だが,
その後,前奏でブラスセクションが入るでしょ。
これがリアから聴こえてきたので思わず振り向く。


「The Nightfly」は何度も聴き込んでいるため,
各パートのパンニングは大体頭に入っている。
それが全くの方向違いから音が出てくるものだから,
相当違和感を覚えてしまった。


でも慣れてくると,「こういうのアリかな〜」
なんて思い始めてきた。
というのはね,音を分散化させることによって,
分離感が凄くよくなっているのだ。


オーディオシステムに求められる要素は,
非常にたくさんあるが,そのうちの1つが分離感。
スピーカーユニットやパワーアンプがしょぼいと,
細かい音を描き分けられなくなるわけだ。


ところが音を分散化させることで,
フロントスピーカーの負荷が減ることにより,
曲全体の分離感が著しく向上してきた。


車内という特殊なスピーカー設置の影響か,
特有の音場感も不思議な感じだった。
まず,IGYの好きな音色がエレピの白玉。
これがフロア全体に低く広く沈み込んでいる。


センターにはスネアが張り付くが,
ハイハットがAピラーのツイーターから聴こえ,
ドラムセットがすごくワイドなのだ(笑)。


ボーカルは,ツイーターよりも上に定位し,
高さの表現力はそこそこあるようだ。
結果的に音離れがすごくよくなっている。
音場感の違和感さえなければ,
サラウンドの方が音の品質は上品と言える。


なんだ,マルチのPCMなら結構いけるかも。
でも,ソフトがあんまりないよね。
それでは使えないじゃーん。って話になる。
DVD-AもSACDもこのまま終わってしまうのかねぇ…。




| 音楽・映画・オーディオ | 13:49 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:49 | - | - | pookmark | 昨年の記事
COMMENT: どうでもいいけど途中の(笑)とか多すぎてキモイ
誰と喋ってんの?これ
| あ | 2007/10/27 3:08 PM |
COMMENT: オーディオマニアの優越感みたいなのが鼻につくね(苦笑)
↑真似してみた(笑)

内容よりも文体がちょっと……と思った、ただそれだけです。
| あえて書くことでもないんですが | 2007/10/27 4:29 PM |
COMMENT: ゥ
| (´・∀・`) | 2007/10/27 7:38 PM |
COMMENT: どの分野でもこういう人はいるもんです。

音楽(というかこのエントリーでは音か)、には興味ないけど、BOSEは業務用ってのはなんとなく分かる。
だって、ボロボロ公立小中高の教室内スピーカーがBOSEだったから。
| い | 2007/10/27 11:24 PM |
COMMENT: まぁ音は好みだからね
| ふふ | 2007/10/28 4:27 AM |
COMMENT: 孤独ですね
孤高ですか?(苦笑)
| あはは | 2007/10/28 5:05 AM |









http://t21.jugem.jp/trackback/2290