CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
〜 大気汚染は地球の日傘
<< 完全地デジ化完了 | main | タイヤの話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
ただいま節電中(ポット編)
随分前の話になるのだが,節電対策を進めるうちに,
常套手段ではあるが,電気ポットがターゲットとなった。
電気ポットは,なんだかんだ便利である。


沸騰したお湯の熱さは保てないものの,
直撃を受ければ火傷を負ってしまう温度があり,
ちょっとお茶を飲みたいときなどには便利だ。
お茶って,多少ぬるい方がおいしくなるしね。


でも,一日中,電気をつけっ放しにしているのは,
特にお茶を飲む機会が少ない夏場は,もったいない。
そこで,撤去することにしたのだが,
お茶を飲むたびにお湯を沸かすのも不便すぎる。


そこで,これもよくありがちな方法ではあるが,
魔法瓶を導入することになったのだ。
よく考えてみれば,昔も自宅には存在した。


ところが,いつの間にか電気ポットへ移行していた。
水さえ入れておけば,いつの間にかお湯ができあがり,
常時保温する便利さに気づいたのだろう。


ただ,劇的に便利になったのかといえばそうでもない。
自動的に水を入れてくれるのであれば話は別だが,
いぜんとして水を入れる作業は必要だ。


あと,魔法瓶の性能が向上したことも見逃せない。
関東大震災の際も,壊れなかったとされる魔法瓶だが,
名称どおり,昔はガラス製の瓶の構造であったため,
高いところから落とせば,壊れてしまうものだった。


しかし,1980年代に入ると,ステンレス製で,
真空構造を持った魔法瓶が市場に普及してきたのだ。
ちょうどその頃,電気ポットが普及をはじめたため,
一般市民に魔法瓶の進化が浸透しない事情があった。


それでも,マグカップや水筒など,小型容器では,
ステンレス製真空断熱の製品が普及しており,
スポーツ選手などでは必須のアイテムとなっている。


ただ,こんなご時世なら,昔に戻ってもよいだろう。
ということで,早速,ステンレス製の魔法瓶を購入。
今回買ったのは,サーモスの「ステンレスポット」


サーモスは,もはや定番のメーカーといえるだろう。
容量は1.5Lにしたが,あまり重いと,母親が,
お茶を入れたりするのが大変かなと思ったため。


容量が少ないため,1日2回はお湯を足す感じかな。あと,
拙宅はIH調理器なので,お湯を沸かす時間に注意が必要。
朝一番でお湯を沸かすのは,電力供給に余裕があり理想的。
問題は2回目のお湯炊きの時間だ。日中は避けたいため,
なるべく夕方以降ということになる。


保温時間は72度以上を,10時間まで保温できるようで,
お茶を飲むぐらいだったら,半日後でも全く問題ない。
冬場に,熱いコーヒーが飲みたい場合は別だが,
夏場に限れば,サーモスの魔法瓶だけで十分である。


さて,電気ポットはもう完全に撤去しようと思っている。
臨時用に保管しておくことは考えているが,
魔法瓶に慣れてしまえば,これはこれでいい。


ただ,冬場はもっと熱いお湯が必要な場合もでてくる。
そのとき,魔法瓶だけでは問題が出てくるかも。
かといって,お湯が必要になる度に,お湯を沸かす,
というのも非常に面倒は話にもある。


熱々のお湯を手軽に入れられる方法はないものか。
実は,ある構想をすでに持っており,冬に実践するつもり。
覚えていたら,そのとき,またブログに書く予定だ。



| 日常・社会問題 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:25 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://t21.jugem.jp/trackback/2761