CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
〜 大気汚染は地球の日傘
<< ただいま節電中(ポット編) | main | 高熱に倒れる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
タイヤの話
私は毎週末になると,レジェンドの洗車をする。
ガソリンスタンドの手洗い洗車をしてもうらのだが,
周囲からは,洗車キチガイ,水の無駄,などと罵られ,
肩身の狭い思いをしながら洗車へ向かう。


洗車に行かない週末があるとすれば,
土曜,日曜両方が雨模様の週末ぐらいかも。
洗車後,ガソリンスタンドから自宅に戻る途中,
パラパラと雨に降られた時ほど,悲しいことはない。
月曜の朝が雨っていうのも,落ち込むけどね。


以前は,こんなペースで洗車なんかしなかった。
ところが今のレジェンドの色がブラックのため,
ちょっとした汚れでも,すごく目立ってしまう。


前に乗っていた先代レジェンドはシルバーだったため,
多少汚れていても,全然気にしなかったが,
ブラックって,こんなに目立つものだと初めて知った。


で,最初は水洗いだけだったのだが,
新車購入時にコーティングをしている関係で,
やはりメンテナンス付きの洗車の方が安心する。
それに,発色も全然違うしね。


しばらくはメンテナンス付きの洗車で満足していたが,
5月頃,メンテ洗車にプラスして撥水加工を薦められ,
施工後,雨に打たれても,汚れが目立ちにくいことに驚く。


その後,必ず撥水加工もプラスするようになっており,
毎回,2,200円ぐらいかかるものの,やめられなくなった。
購入してから気づくのもアホの極みなのだが,
ブラック色の車を買うときは,マメに洗車をする,
っていう決意を持つことが必要なんだね。
デザイン重視だけで,ブラックにしてしまったから。


さて,先日,いつものガソリンスタンドへ行くと,
顔を全くしらない新人の店員が洗車担当だった。
もう3年通っているから,私はもはや常連。


で,ほとんどの店員を知っているわけだが,
この春から採用されたような若い店員が,
洗車を担当すると分かって,
「雑な洗車するんじゃねえだろうな」
と,やや心配でもあった。


洗車が終わると,仕上がりの確認を行う。
私の仕上がり確認は,ボディだけではなく,
特にアルミホイールの汚れを落としているかを気にする。
溝の部分って汚れがたまりやすくなっているが,
そこを手を抜いて洗われるのが嫌なわけ。


ホイール部分をじっくり見ていると,
「タイヤは,GR-9000なんですね」
と,その若い店員が私に聞いてきた。


「お,若いとはいえ,クルマを知っているな」
と内心,私はちょっと驚いてしまった。
そう,私が現在レジェンドに履かせているタイヤは,
ブリジストンの「REGNO GR-9000」である。


ちなみに,レジェンドの標準装備はGR-9000でない。
標準タイヤは,YOKOHAMAのアドバンスだったかな?
つまんねぇタイヤを履かせるんじゃねえよ,
って買ったときは思ったけど,結局3年使い,
昨年の秋,タイヤが減ってきたので買い換えた。


やっぱレジェンドは重いし,四輪駆動だから,
タイヤの減りが早くてびっくりしたわ。
冬時期は使っていないのに,それでたった3年で限界。


今は,急加速・急ブレーキっていう運転はしない。
その証拠に,ブレーキパッドの減りは遅いから。
それでもタイヤの減りが早いわけで,
随分とカネを食うクルマなんだな。


タイヤの買い替えが必要になって,
次はこれしかない,って決めてたのがGR-9000。
GR-9000は2007年発売だけど,このシリーズは,
ライフサイクルが長いので,まだまだ現役だ。


GR-9000の特徴を一言で表現するならば,
「ただ1つのバランス」
これは,発売当初のキャッチコピーだが,
実際に使ってみて,このコピーに間違いはなかった。


走り出しが実に静か。
摩擦を抑制してノイズを減らすタイヤもあるけど,
あれって,停止能力を犠牲にしていることになり,
静かであればいいというわけでもない。


GR-9000は,静粛性能を向上させながら,
一方で,ドライ性能,ウエット性能も実現している。
R(回転半径)がきついカーブなどでも,
音も鳴らず,進行方向からブレることもなく,
ステアリングの狙ったとおりのラインを保てる。


逆に言うと,面白味のないタイヤだよ。
ま,タイヤを「キー,キー」鳴らしたい輩は,
こんなタイヤを選択することはないけどね。


ところで,何でこんな話をするかというと,
タイヤの話って,一般人の会話ではまず出てこないわけ。
だから,その若い店員とタイヤの話を交えるのは珍しいこと。
トレッドパターンがなんたらとか,
シリカ配合コンパウンドがどうのとか,
まず,一般のは会話には出てこないわけ。


それなのに,一般客を前に,タイヤについて語りだす,
というタレントもいるみたいで(笑),
それはちょっと無謀でしょ,ってこと。


タイヤってクルマの性能を決める上で重要なんだけど,
一般人はほとんど気にしていないっていうのが実態。
だから私も,タイヤネタは,もう使わないようにする。



| 日常・社会問題 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:26 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://t21.jugem.jp/trackback/2762