CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
〜 大気汚染は地球の日傘
<< 有給休暇 | main | 福島へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
サブウェイ乗って動物園へ行こう
今日は早朝から,とある被災地へ行ってきた。
月に1,2回は,被災地へ行っているんだけど,
見学ではなく,地元の野菜や魚を買うだけ。
被災者の気持ちを思えば,写真などは撮影できない。


中越地震のときも同じだけど,私は募金をしない。
災害発生当初における資金支援も大変重要なんだけど,
長い時間をかけて,現地消費活動を続ける方が,
私自身は,意味があると思っている。


中越地震のときは3年ぐらい,煎餅とか日本酒とか,
新潟県の中越地元企業の商品を買い続けていた。
長岡市周辺には17の酒蔵があるんだけど,
全部の酒造会社の代表銘柄を制覇したしね。


今日は,震災発生からしばらくの間,通行止めのため,
まったく近づけなかった場所へ行ってきた。
かつては漁港を抱える小さな港町だったが,
今は瓦礫撤去の業者だけしか存在しておらず,
土ぼこりが高く舞うだけの状況。


“復興”なんて軽々しく口にする人も多いけど,
何も進展していないんだよ。まだお片づけの段階。
帰路の途上,周囲が田んぼの道路を走っていると,
周囲に小型船がゴロゴロと何隻も転がっている状態。


確かに,瓦礫の量は少なくなってきているけど,
逆に瓦礫置き場は,どんどん山積みになっていくだけで,
瓦礫処理の見通しも立っていない中で,
何が“復興”なのか,意味が全くわからん。


さて,自宅に帰ろうとした頃,既に10時を回っていた。
ここから自宅までは相当時間がかかるので,
途中で昼食を買い込もうかなと思った。


すると,某ショッピングセンターが途上にあって,
その中には「サブウェイ」があるようなので,
そこでサンドイッチを買うことにした。
震災以後,一度も食べたことがなかった。


まだ,開店して間もない時間であったが,
ショッピングセンターは大きな建物のため,
屋内の移動には結構時間がかかる。


そして,やっとサブウェイにたどり着くと,
既に親子3人組が注文をしていた。
そしたらさ,やたら注文が細かいわけよ。


サブウェイは,パン,トッピング,野菜,
ドレッシングを自分好みに指定して注文が可能。
そしたら,その親子3人組の父親が,
3人分全部違うトッピングにしてるわけ。


お前は単に“サブウェイ通”を見せびらかせたいのか?
面倒くせえ注文なんか,するんじゃねえよ。
後ろに客がいるときは,ちょっとは遠慮しろよ,と。


まだ3歳ぐらいの子供に向かって,
「○○ちゃんは,えびが好きかな?」
とか語りかけているんだけど,
そんなガキに,食材の複雑な組み合わせによる,
化学反応式が味覚に与える影響度は分かるのかと。
ギッチリ,問い詰めたい気分だったよ。


で,5分ぐらい経過して,ようやく私の番になり,
「サブウェイクラブを1つ,おまかせで」
これが,やっぱ正しい注文の仕方でしょ(本当か?)。


後ろに客がいなければ,好きなだけ時間を使えばいい。
だけど,私みたいな変に気を使う人間からすれば,
面倒な注文は「迷惑な客」にしか思えないわけ。


私はいつも,後ろの客にプレッシャーを感じるから,
その場合は,いつもシンプルな注文に徹している。
ノーマル商品であれば,仕上げまでの時間は短い。
実際,今回の注文終了も1分弱で終わった。


サブウェイの独自の注文方法は,消費ニーズに,
十分応えるために編み出されたことは評価するけど,
あらかじめ,自分オリジナルのトッピングを決めずに,
その場の思いつきで注文するアホな客ばかりだと,
非常に迷惑するんだよね。


車の中で,カーブのとき,ひっくり返したりしたら,
中身の食材がちょっとグチャグチャになったけど,
パンの食味はいいし,野菜の鮮度も悪くはない。
下手なハンバーガーよりも絶対に美味しい。
これに山形産ワインを合わせた昼食だった。


| 日常・社会問題 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://t21.jugem.jp/trackback/2777